体型悩みとおしゃれの方法

自分の体型について悩んでいるという人は、案外大勢いるといいます。体型の悩みは着こなしによってカバーしスタイルをすっきりさせることができます。仮に加齢によって外見が変わっても、様々な体型で使えるような服を持っていれば、多様な使い方をすることができるでしょう。一歩引いて体のラインを確認することが、服を選ぶためには大事です。シルエットで捉え、カバーしたい部分に服をあてるようにします。全体を見て、バランスを整えるような衣服を選択することが、気になる体形のフォローをするよりはいいでしょう。服装を整えるには、コーディネートを体型に合わせて、服のラインから考えることも大事になります。縦に長い長方形に見えるような服はIラインといい、アルファベッドのI型をした服です。着やせ効果の高いシルエットなので、太めの体型に悩んでいる人におすすめです。ずん胴体型の悩みを持っている人にはXラインのシルエットが良いでしょう。ウエストは引き締め、衿と腰から下がふわっと広がっている状態がXラインの特徴です。体型的にお尻から太ももにかけてが悩みの種という人はAラインが向いています。上半身を細く見せることで、下半身の体型に目を向けさせないような、下にいくにつれてふくらんで見える服になります。ファッションに気をつけることで、体型の悩みから解放され、おしゃれを楽しむことができるようになります。

体型の悩みをカバーするおしゃれ

体型の悩みは人によって異なり、下半身が太い、肩がいかついなど内容も色々です。服選びで、体型の悩みをフォローすることができることがあります。自分の体型の欠点と思われる部分から視線をそらし、目立たなくさせる工夫をしましょう。見た目の雰囲気は、小道具の配置の仕方や、デザインのポイントをどこに置くかなどによっても大きく違います。背が低い人、下半身や下腹部に脂肪が多い人は、視点を上に誘導するために、目だつ柄のスカーフや、大きな衿の服などをコーディネートしましょう。Iラインの服や、直線ラインを際だたせるようなアイテムは、茶筒な体型の人や、ふくよかな人の体型隠しになります。ファッションでは、色も重要です。色は人間の無意識に作用し、気がつかないうちに感情を引き出すような側面があるともされています。色の力を十分に理解した上で、色と色をどのように合わせていけばいいかを考えるようにしてください。色の膨張と収縮は色相よりも明るさが影響します。黒は収縮色で白は膨張色です。膨らんで見える色といえば黄色です。黄色系の服は、ふっくらした人や、大柄な人が、体型を隠すために着る服には適していません。体が小さい人、体型が細すぎるのが悩みの種という人は、明るい服を着ることで体型を大きく見せかけられます。下半身を引き締めて見せたいという人は、ブラック、パープル、カーキなどの暗めの色の服をチョイスするといいでしょう。細く見せられます。服選びやコーディネートを工夫することによって、体型の悩みを解消し、欠点が際だたないようにすることができると言われています。

体型の悩み別男性の着こなし

体型の悩みを持っているという男性は、思った以上にたくさんいます。男性が普段の洋服の着こなしで体型の悩みをカバーするにはどんな工夫をしたら良いのでしょうか。細身であることを気にする男性は少なくありませんが、大きめの服を着たからといって体型の小ささは隠すことはできません。服と体型に違いがあると、体型に余計に目がいきますので、体型に合うサイズの服を選択してください。男性の体型の悩みに、肩幅の狭さがあります。襟のデザインが小さ目のものを選んだり、首元に膨張色が来るようにしたりします。細身の男性は、コーディネートの幅が太っている男性よりもずっと多いので、いろいろ試してみることができます。身長の低さがコンプレックスだという男性も、体型の悩み持ちでは多いようです。背の低さをカバーする着こなしのポイントはトップを目立つものにすることです。全体的な印象をしゃっきりさせるためにも、相手の目が上にいくような色づかいや服装をします。服を選ぶ時にはトップスに明るい色味が入るようにしたり、マフラーで首元にアクセントをつけるという方法があります。トップスと、ボトムズの色味が違うと、身長の低さが際だってしまうことがあります。体型の悩みを持っており、背が低いことが気になるという人は、全体の色づかいを合わせて、統一感を出すことです。